presented by
Menu
バイエルン - ブレーメン

南北対決のコメント

オクトーバーフェスト開幕と同時に2:5でヴェルダー・ブレーメンに敗れた- FCバイエルンではきっと違う展開を想像していたに違いない。ユルゲン・クリンスマンはバイエルン監督として初の公式戦敗退後に「勝者としてピッチを去るためにはいくらか足りなかった」とコメント。


コメント一覧:


ユルゲン・クリンスマン:「われわれは今日、ブレーメンの方が良かったことを認めなければならない。彼らはとくに彼らの得点機を冷静に活かした。われわれが追いつこうとすれば次の得点を浴びることになった。もちろんこれは痛いものだ。われわれには今日、勝者としてピッチを去るためにはいくらか足りなかった。チームは自己批判的にこのような敗戦を受け止め、また前へと向かうことになる。監督としてはこのような敗戦から多くのことを学べると考えている。サッカーは残念ながら複雑なものだ。われわれはリードを奪うことができなかった。だがこのような結果を振り払わなければならない。倒れたら、また立ち上がることになる。」

フランツ・ベッケンバウアー:「このようなゲームがあるんだ。30年以上前にシャルケに7:0と敗れたとの同じだ。バイエルンは全てが良くなかった。ブレーメンは逆に6度ゴールにシュートを放ち、5度決めたんだ。5得点とも全てがうまくいったんだ。彼らは単純にバイエルンをどう倒すのか知っていたんだ。彼らはバイエルンに横パスをさせ、ブレーメンが行ったような縦パスをいれさせなかった- とくに1点目をみればよく分かる。それが重なった結果。あまりないゲームを今日は体験することになった。だけどそれがサッカー。カップ戦で次のステージへとくる機会がある。そこでまた通常に戻るんだ。」

マルク・ファン・ボンメル:「これほど大差で負けたときのことをしばらく考えなければならない。だけど5度1:0で負けるよりは1度5:2で負けた方がいい。今日起こったことは2度と起きてはならない。」

ティム・ボロフスキー:「私自身まだわれわれが5失点を喫したことは信じられない。とても残念な結果になってしまった、シュタディオンでファンに謝罪しなければならない。われわれはゲームのなかで脱力感があったように感じた。われわれは一度も人にチェックにいけず、ブレーメンに圧力をかけることができなかった、それをするにはブレーメンは強過ぎた。このようなプレー後にはきっと批判がうまれる、われわれは受け止めなければならない。」

トーマス・シャーフ:「このようなゲームをして得点を決めることができればとてもすばらしいことだ。確信させる出来だった。これがわれわれにまずは勝ち点3をもたらし、そしてバイエルン・ミュンヘンのようないいチームにこの結果をだせたのはもちろんいいことだ。今後のゲームでこれが活きてくる。」