presented by
Menu
王者vs.準V

FCバイエルン、首位獲りへ

土曜の正午、第175回のオクトーバーフェストが開幕する- しかしFCバイエルンにとって世界最大のビールの祭典は二の次となる。FCバイエルンはヴェルダー・ブレーメンをアリアンツ・アレーナに迎え、上位決戦に燃える(15時15分からFCBライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)。ダニエル・ファン・ボイテンは「どちらがホームの雄か示すつもりだ」と強調、オクトーバーフェストスタートに向けて「ブレーメンには隙を与えない」と力強く語った。

オクトーバーフェスト期間の強さを強みに自信をもって南北対決に臨むことになる。FCバイエルンはここまで祭典期間中の71試合のホーム戦で47勝18分け、負けはわずかに6と絶対的な強さを誇る。レコードマイスターは土曜日、リーガ3連勝で伝統のオクトーバーフェスト期間の強さを発揮するつもりだ。昨季準Vブレーメン戦の勝利でFCバイエルンはライバルに勝ち点6差をつけ、24時間限りの暫定首位奪還が可能だ。現在首位のHSVは日曜日にヴォルフスブルクで戦うことになる。

「追うよりも追われたい」

マルティン・デミチェリスはブレーメンとの対戦を前に「シーズンのなかで重要な試合の一つ」とコメント。カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「できるだけ早く(首位の座を)奪還することが重要」と語気を強めた。ミヒャエル・レンジングは「追うよりも追われる方がいい、だから僕らはできるだけ早くに首位を奪い返すつもり。もし僕らが前にでたら、このポジションは決して明け渡さない」と語った。

ユルゲン・クリンスマン曰く、バイエルンは首位奪回までに「とても難しいゲーム」が待ち受けていると分かっている。「ブカレストとは全く違う一戦となる。ブレーメンはわれわれに全力を求めてくる、それに向けてチームを準備させるつもりだ」とFCバイエルン監督はコメント。ファン・ボイテンはこう確信していた:「熱いゲームになる。」

不振が続くブレーメン

FCバイエルンとは逆にヴェルダーのエンジンがかかりきれていなくても熱戦となる。トーマス・シャーフ監督率いるチームは先週末に今季初白星と7年ぶりにワーストシーズン発進となった。週の間に欧州チャンピオンズリーグ(CL)でアノルトシス・ファマグスタと対戦し、失望のスコアレスドローに終わった。