presented by
Menu
ブカレスト戦はまだ早い

FCB、リベリー抜きで欧州CL開幕戦へ

欧州CLシーズン開幕戦となるステアウア・ブカレスト戦でFCバイエルンはフランク・リベリー抜きでスタートをきることになる。ユルゲン・クリンスマン監督が月曜、欧州CL初戦はフランス代表選手にとってまだいくらばかりか早いものとfcbayern.deに伝えた。

「フランクの状態はとてもいい方向に向かっている。トレーニングで自分の全てをだし、彼を止められるものは誰もいない」とクリンスマンは24歳MFを称賛、ユーロ大会で靭帯断裂を患い、それ以来カムバックに向けてリハビリに励んできた。「だが彼は欧州CLに出場する状態ではない。」

2部練習

リベリーは同僚とルーマニア遠征に帯同しないかわりに火曜と水曜にアシスタントコーチのニック・テスロフと「集中して2部練習」を行うことになる。クリンスマンはリベリーがブンデスリーガ上位決戦となるヴェルダー・ブレーメン戦のメンバーに復帰する可能性があることも示唆。

「彼がもの凄いステップアップをみせれば、彼をブレーメン戦でベンチ入りさせることになる」とクリンスマンは続けた、しかしながらクリンスマンは今週末のトレーニングまで様子をみるつもりだ。「われわれは彼がどのようなプレーをするのか、どう感じるのかを目にすることになる。土曜にプレーできるかどうかまだ誰も分からない。」

ファン・ボンメル復帰

クリンスマンはカール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長からもリベリー欠場について援護を受けた。「ケガ明けだからホーム戦からプレーするほうが彼にとっていいだろうと私は思う」とルンメニゲがミュンヘンでメディアとの対応の合間を縫ってコメント。

リベリーそして故障中のウィリー・サニョールとハミト・アルティントップを除いてクリンスマンはブカレストでは全選手を起用することができる。クリンスマンは1.FCケルンとのアウェー戦3:0と勝利したメンバーと比較してマルク・ファン・ボンメル主将が「またスタメンに復帰する」とすでに明言した。ほかの変更について元代表監督は口を閉ざした。

モチベーションは高い

ルンメニゲは12度目の欧州CLでレコードマイスターの成功あるスタートを望んでいる。UEFAカップ参戦から1年後、欧州CLの舞台に戻るチームの「モチベーションはとても高い」。「1年の不参戦から方向性を示し、すぐに試金石となる試合をすることは大事だ。」