presented by
Menu
31歳デビュー

FCBゴール請負人、欧州CLに燃える

今からすでに確信できることがある- 約20年後、オーバープファルツから偉大なストライカーが誕生することになる。先週にバイエルン北東である小さな命が生まれた。彼の両親はすぐにこの子にゴールを量産するサッカー人生を期待することになった:「ルカ」と「トーニ」が将来のストライカーの名前となった。オーバープファルツ新聞ではっきりと彼の名前を目にすることができた。

ルカとトーニの名前が男子の名前ランキングで上位につける理由は南のミュンヘンにある。1年ほど前からここミュンヘンにFCバイエルン史に並外れたゴール奪取で名を刻む男がいる。ルカ(名前)トーニ(氏名)がFCバイエルンのユニホームに袖を通して公式戦50試合に出場、すでに55ゴールに絡んだ:42ゴール13アシスト。

どんな形でもゴールを奪う

肉離れのために欠場した初戦を除くブンデスリーガ3試合にイタリア人は出場し、3得点1アシストの活躍。週末に3:0と勝利したケルン戦で2得点、そしてFCバイエルンのダメ押し弾をアシストした。

ユルゲン・クリンスマンは「ルカは彼を抑える相手にとっては脅威の存在となる」とFCB.tvのなかでゴールゲッターのゴールへの意欲を称賛、ケルンの先制点の場面ではマーカーを振り切り、左肩でボールをゴールに押し込んだ。「彼にはボールがどこにくるか嗅ぎ分ける嗅覚があるんだ。ゴール嗅覚と天性のポジショニングで彼がどこにいればいいのか分かるんだ。そこで彼は考える前に、肩であろうが、左であろうが、または右であろうが、ボールをゴールに入れるんだ。」

地元で批判される

ウリ・ヘーネスも「彼を夜中の3時に起こし、ペナルティーエリア内に置けば、彼は得点するだろうよ」とゴールへの執着心を称えた。バイエルンとトーニ、単純に一致しているとFCバイエルンマネージャーは信じる。「ミュンヘンが彼の故郷になっていくことをルカから感じとることができる」と彼はコメント。少なくとも一つだけ断言できることがある:イタリア人は今のところ、自国イタリアよりもミュンヘンに居心地の良さを感じている。