presented by
Menu
ウリ・ヘーネス

「いくらか成長がうかがえる」

バイエルンマネージャーのウリ・ヘーネスは満足していた。少しスタートでつまずいた後、レコードマイスターはフランクフルトで2:1と勝利して、サプライズチームの首位ホッフェンハイムに勝ち点4差と迫る。ヘーネスは木曜、「私は彼らの戦績にとても驚いている。彼らはとても粘り強い」とミュンヘンでプレスとの会話のなかでコメント。ヘーネスはチームの成長、フランク・リベリーのカムバックおよび欧州チャンピオンズリーグ(CL)の戦績について話をした。

インビュー:ウリ・ヘーネス

中間目標のヘルプストマイスターについて:「私がこれを言った時期にはとても挑発的なものだった。‘バイエルン魂’をだして欲しかったんだ。ヴォルフスブルク戦、フランクフルトでもチームは強い意志をもっていることを信じてやってくれた。ゲームをひっくり返すことは当たり前のことではないんだ。(ヘルプストマイスターについて)これは目標を定めることでもあったんだ。われわれが最後に勝ち点2差で後ろにつけていたとしても、それはそれでオッケーだ。全てが射程圏内だ。」

チームの成長について:「一つわれわれはフランクフルト戦でみることができた:何人かの選手がすばらしいステップアップを果たした。いくつか成長を目にすることができた、それは自信であり、責任を背負うことであり、試合をひっくり返す意志でもあったんだ。これは何人かにとっては目で学べるものだった」

フランク・リベリーについて:「われわれはフランク・リベリーとともに良いゲームと悪いゲームをしてきた。彼はわれわれにとってもちろん重要な選手、それには疑いの余地はない。われわれはトップパフォーマンスの彼を待ってもいた。今ようやく彼も調子が上がり、その結果、チームも安定性を増して予測されなくなった。」

欧州CLについて:「われわれの最低目標はグループリーグを突破すること、われわれがすでにそれを達成したようにみえる。われわれがフィオレンティーナに破れなければ、われわれは次に進めるチャンスがあるんだ。そしてその後は運が必要だ、どの対戦相手とも当たる可能性があるからね。だから今日では目標設定しないんだ:われわれは決勝にいくとね。われわれは傲慢になって、われわれが全チームを撃破すると言うことはできない。」

サプライズチーム、ホッフェンハイムについて:「私は彼らの戦績にとても驚いている。彼らはとても粘り強い。われわれはホップ氏と彼がチームとともにみせるプレーの前にリスペクトを払っている。これは偶然ではないんだ。カイザースラウテルンが当時、マイスターになったのは一時的なものだったと思っている、ホッフェンハイムとはそれを経験することはないだろう。ブンデスリーガの上位に長く留まるクラブになるだろう。私はこのクラブを簡単には引き離せないことになるとはっきりと分かっている。彼らはわれわれにしつこくつきまとうことになる。彼らのこれまでの戦績に脱帽している。」

ゼ・ロベルトの契約延長の可能性について:「ゼはとても感じのいいやつだよ。彼はすべて自分の感覚によって決めさせるんだ。もし全てが一致すれば、私は契約延長の話合いが7分から12分で終了すると確信している、だから今のところ大きな問題はない。彼が健康でいるための前提条件をわれわれがクリアできるかどうかみてみないといけない。彼が引き続き今のようにプレーするのであれば、われわれは彼を次の年も慰留することを努めることになるだろう。」

トニー・クロースについて:「彼は今、ついていないときだ。ユルゲン・クリンスマンが厳しいゲームが続いた後に、今は一つのチームだけがプレーしなければいけないと言ったからだ。この時期に彼は入ってくることになったからね。彼は我慢して、ハードにいいトレーニングをしなければならない。彼は18歳、私は彼が100%自分の道を進むだろうと確信している。だからわれわれは彼に少し時間を与えないといけない。われわれにまた通常の時間が戻り、安定してくれば、彼はまた確実にチャンスをもらうことになるだろう。」

アルシャビンとティモシチュクについての憶測:「われわれはアルシャビンについて従事したことは全くない。ティモシチュクについては夏に打診して、サンクト・ペータースブルクと交渉した、しかし交渉が成功することはなかった。だから今の段階では既に解決していることだ。われわれが決断前とスポーツビルド誌が立てた推測は、本当に馬鹿げたことだ。われわれは全くサンクト・ペータースブルクとコンタクトはない。」