presented by
Menu
リベリー、ドイツ語で会話

「僕は今、85%の状態」

フランク・リベリーがアイントラハト・フランクフルト戦を前に前哨戦を制した- ドイツ語との戦い。フランス人は火曜のプレスカンファレンスでは興味津々のレポーターに鼓舞されて、いくらかの質問に初めてドイツ語で応答した。同選手は「良くなっている、だけど完璧じゃない」とドイツに来てから16ヶ月後、ドイツ語で語ることになった。

勝機を逃したドリブラーははっきりとした言葉で水曜の夜のフランクフルト戦の重要性について語った。25歳は「勝ち点3ポイントはチームにとって大切」とコメント。「ブレーメンはレヴァークーゼンと対戦する、ハンブルクはシュトゥットガルトとやるんだ。」ここでFCバイエルンはまた一歩上位に進むことができるかもしれない。いつレコードマイスターが首位に立つのかという質問にリベリーはこう答えた:「もしかすると土曜日。」

フランス人はここ数試合で新たに強くなったFCバイエルンの「我々」の精神をみせた。彼は「僕らは昨シーズンのようにまだ良くない。だけどカールスルーエ、フィオレンティーナとヴォルフスブルク戦での3勝は自信のためにはスーパーだった」と発言、それからフランス語に切り換えた:「コンディション的にも僕たち皆が良くなっていると感じている。僕たちは走り始めるんだ。」

リベリーもチームと並行してより勢いにのってきた。リベリーは3ヶ月の戦線離脱後から7試合出場(フル出場3試合)、土曜のヴォルフスブルク戦ではシーズン初ゴールを決めた。ドイツの年間最優秀選手は「とても調子はいい」と語り、「僕の状態は今、85%ぐらい。(調子を)上げなければならない。」

クリンスマン喜ぶ

フランス人はトレーニング中、元のフォームに戻るために「夢中」になって課題に取り組んでいるとクリンスマンは報告。「彼は信じられないほど野心がある。どのゲーム、どのトレーニングでも自分を良くしようとしている。」FCバイエルン監督にとってリベリーはチームの大黒柱である。クリンスマンは「われわれにとって彼が調子をあげることはとても、とても大切なことだ」とリベリーの「創造性とゲーム感覚」がレコードマイスターのゲームにおいて重要なものと強調した。

この能力がフランクフルトでも必要となる。リベリーは「彼らは後方に下がり、カウンターとセップレーでゴールを奪おうとしてくる。そのようなチームとの対戦はいつも難しいものだ」と述べた。フランスの旋風の個人突破または瞬時の判断が試合を決定づけるものとなる。リベリーは確信している:「僕達は先制点を奪わなければいけない、(先制点の後は)楽になるだろう。」