presented by
Menu
「全てがプラン通り」

アルティントップ、復帰を目指す

毎日同じ光景を目にすることになる。チームの同僚が朝、FCバイエルンのトレーニングセンターに姿を現す前から、ハミト・アルティントップは汗を流している。トルコ代表はゼーベナー・シュトラーセで一番始めにトレーニングを開始して緑のピッチへの復帰を目指している、いくらかまだ時間はかかるもの熱心にトレーニングに励んでいる。

25歳はFCB.tvとの談話のなかで「体調はいいし、全てが予定どおりに進んでいる」とコメント。3月下旬に中足骨を骨折した後、リハビリを経てトルコ代表と欧州選手権で大活躍を果たした、だが中足骨にストレス反応がでてアルティントップは8月下旬から戦線を離脱している。4週間前に手術を受けて以来、リハビリの日々が続いている。

「とてもイライラさせるもの」と25歳、昨シーズンにレコードマイスターの戦力補強のなかで大きな驚きをみせた選手の一人だ。「とてもモチベーションは高い」とユーロ大会から新しくなった環境と新生コーチングスタッフがまつミュンヘンに戻ってきた。

手術以降にヒゲを伸ばしているアルティントップ(„(ヒゲについて)とてもいいと思っている“)がやる気をなくしているわけではない、その逆である。「モチベーションは高いね、誰もがそれを証明できると思う」と元シャルケ選手は述べた。トーマス・ヴィルへルミ(„自分にとても集中してくれている、彼とは全て最初から最後まで話しながらやっている“)とともに毎日8時間に及ぶフィットネストレーニングを行っている。

そしてすでに最初のトレーニング効果をお互いの間で感じることができた。「すでに足や上半身をいくらか鍛えることができる、また走るのにそこまで多くの欠陥はない」とアルティントップ。数日前からスペシャルシューズを履いて、少しずつ負荷をあげている。「昇り調子、いい方向に向かっている。」