presented by
Menu
特別トレーニング

クローゼ、成熟の時期を迎える

ミロスラフ・クローゼ、公式戦6試合で10ゴールに絡んだ。3ゴール7アシスト- 彼は計6アシストでリーガのアシストランキングでトップに立つ。前節のフランクフルトでの一戦でクローゼは1:1となる同点ゴールを決めて、フランク・リベリーの勝ち越し弾をアシストした。

クローゼは「チームが成功するようにプレーするのが大切なんだ。誰が得点しようが全く関係ない」と金曜日にいつものように控えめにコメントした。FCバイエルンはクローゼの活躍もあり、連勝を続けて、ブンデスリーガでは11位から4位に浮上した。

クローゼにとって今のコンディションはここ数週間のハードなトレーニングの賜物でもある。クローゼは「今、(努力が)実っている」とコメント、そしてこう報告した:「私はチーム練習のほかにトレーニングをしてきたんだ、ウェイトルームでトレーニングにしたり、ほかのプレイヤーよりも多くのシュート練習をしてきた。」代表ストライカーはユーロ大会のためにシーズン当初、チーム合流が3週間遅れた。