presented by
Menu
前期試合日程

シャルケでトップチーム同士の対決

第7節終了後、勝ち点7ポイントで11位:FCバイエルンのブンデスリーガスタートが今季、満足のいくものではないということに疑いはない。しかし今、より大事なってくるのはレコードマイスターが冬季休暇前の10試合で勝ち続け、勝率を正常に戻すことだ。

ユルゲン・クリンスマン監督は「この先の数週間で結果をだして混乱を少しばかり正常化させたい」とFCインゴルシュタットでのテストマッチで0:1と敗れた後に述べた。FCバイエルンは次節のカールスルーアーSCでのアウェー戦から勝者の道を歩むつもりだ。

金曜日のお昼、昨季2冠のFCバイエルンのカールスルーエ戦後の日程が決まった。ドイツブンデスリーガ(DFL)は第9節から第17節までの試合日程を公表した。

FCバイエルンは冬季休暇までに6度、土曜日に試合を行うことになる:VfLヴォルフスブルク(10月25日)、アルミニア・ビーレフェルト(11月1日)とエネルギー・コットブス(11月22日)およびメンヒェングラッドバッハ(11月15日)、レヴァークーゼン(11月29日)とVfBシュトゥットガルト(12月13日)でアウェー戦が行われる。試合開始時間は15時30分。

レコードマイスターは日曜(11月9日FCシャルケ04戦)と金曜(12月5日、ホームで昇格チームの1899ホッフェンハイム戦)に1度ずつ試合をすることになる。第10節にクリンスマンイレブンは前期唯一週の半ばの水曜日(10月29日)にアイントラハト・フランクフルトで試合を行う。