presented by
Menu
ケガ完治せず

トーニ、フィオレンティーナでも欠場

FCバイエルンが欧州チャンピオンズリーグ(CL) 第4節ACフィオレンティーナ戦でスターFWルカ・トーニを起用できないことが、31日に分かった。

ユルゲン・クリンスマン監督は「われわれが当初望んでいたほど治癒経過は早くなかった」と説明、「だからルカ・トーニはビーレフェルト戦とフィオレンティーナでの一戦に欠場する。」

トーニ、治療に専念

ルカ・トーニは10月18日、カールスルーアーSC(1:0)でわき腹打撲と腹筋に肉離れを起こした、そのためVfLヴォルフブルク戦とアイントラハト・フランクフルト戦に欠場していた。

クリンスマンは「われわれの医療部門がルカとともに治療に専念してくれている。われわれは彼がなるべく早くチームに復帰できることを望んでいる」とコメント。トーニは古巣クラブ対決で観戦することになった。