presented by
Menu
クローゼ、負傷問題ない

バイエルン、熱戦の秋始まる

22日間で7試合、イタリアのトップクラブACフィオレンティーナとの欧州チャンピオンズリーグ(CL)2試合と11月9日のシャルケ・ヴェルティンス-アレーナでのブンデスリーガトップチーム同士の対決など好カードが続く- FCバイエルンが熱戦の秋をスタートさせることになる。

昨季2冠のバイエルンを手強い相手が待ちうける。フィオレンティーナとシャルケのほかにこの3週間でVfLヴォルフスブルク、アイントラハト・フランクフルトおよびアルミニア・ビーレフェルトと対戦することになる。ブンデスリーガでここまで期待に応えられたかったこともあり、FCバイエルンは燃えている。7試合が終了して勝ち点9ポイントで11位。ユルゲン・クリンスマンは「全く違うところに位置づけるつもりだ」と発言した。

大事な試合がやってくる

バイエルン監督はチームの半分が10日前に代表に合流する前に、FCバイエルンを待ちうけているものについて宣告した。ゼ・ロベルトは「われわれは代表戦の前に監督と話しをしたんだ。彼はわれわれにとても大事な試合がやってくるとはっきりと口にしたんだ」とVfLボーフム戦で3:3と失望のドロー後のチームミーティングについて触れた。