presented by
Menu
「とても痛いものだ」

ボーフム戦ドローのコメント

FCバイエルン、魔さかのドロー。レコードマイスターはボーフム戦、3:1とリードを奪いながら、後半終盤2分以内に2失点を喫して追いつかれた。ユルゲン・クリンスマン監督は異なることを想像していた:「3:1とリードしていて、まだ2点奪えるチャンスが充分にあった- このような試合を実際、手放すことはない。とても腹立たしい。」


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「残念なことだが最後に試合を台無しにしてしまったというしかない。(同点は)とても痛いものだ、勝ち点2がわれわれにとって良いものとなっていただろう。順位をあげることができなかった、白星でわれわれは今日、4位または5位になれていただけにこの結果は痛いものだ。」

ウリ・ヘーネス:「この試合について今のところ、誰も説明できない。われわれはこの試合を完璧にコントロールしていた- 3:1では失点を喫すような兆しは全くなかった。同時に4点目、5点目を奪うチャンスがあった。」

ユルゲン・クリンスマン:「ここブンデスリーガ3戦の結果は満足のいくものではない。今日は3:1とリードしていて、まだ2点奪えるチャンスが充分にあった- このような試合を実際、手放すことはない。とても腹立たしい。チームは単純に確実だと思い込み過ぎたんだ。勝利は本来ならもう確実だったんだ。遅くとも3:2となった後に勝利を確実にして前線へと攻める必要はなかった。ファンの不満足はもちろん痛いものだ、だが私はもちろんそのことを理解している、われわれが望んでいた結果をブンデスリーガで出すことができていないからね。」

マルセル・コラー(VfL監督):「3得点を奪うためにわれわれがみせた勢いは信じられないものだ。しかし私はわれわれがいいゲームをみせたと思っている。1:2とリードされた時にわれわれはポスト直撃のシュートなどがあり、同点とすることができていたんだ。チームがゲームを振りだしに戻したのはとても素晴らしいものだった。」