presented by
Menu
バイエルン - ヴォルフスブルク

逆転勝利のコメント

FCバイエルン、タフさをみせる- レコードマイスターはVfLヴォルフスブルク戦、闘争心とともに2点のビハインドから逆転勝利、順位を4位にあげた。ユルゲン・クリンスマン監督はチームの出来にとても満足していた:「チームの逆転勝利の仕方それとチームのクオリティーで持ち直したことを称賛したい。」



コメント一覧

ユルゲン・クリンスマン:「われわれはヴォルフスブルク戦に備えてとても集中して準備したんだ。私はチームにわれわれにはとても多くのハードワークが待ちかまえていると言ったんだ。試合開始から要注意する必要があった、しかしそれをわれわれはしなかったんだ。われわれは(ゲームが)簡単にいくものだと考えていた。それで一気に2点のビハインドを許すことになった。その後は試合をひっくり返すにはより多くのハードワークをしなければならない。チームの逆転勝利の仕方それとチームのクオリティーで持ち直したことを称賛したい。タフさをみせたゲームだった。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれはいいスタートをきった、だが前線への動きがおとなしすぎた。その後にわれわれは多くのリスクを負い、DFに大きなスペースができてしまった。ヴォルフスブルクは自陣のとても深くまでひいていた。それから2得点を決めたんだ。われわれは後半、より多く戦うことになってしまった、実際はわれわれがいいスタートをしていれば必要のなかったことだ。私は同点ゴールをとても喜んだ、バイエルンのために決めたのはすでにいくらか前のことだからね。」

クリスティアン・レル:「今日のゲームでは多くのことがあった。僕らが負けていれば、ひどいものだった。だけど僕たちは士気の高さをみせ、逆転勝ちしたんだ- これができるのはチームであること、そして自分に向かってこう言えるものだけだ:今こそやるとき。それを僕たちは後半やってのけたんだ。」

フェリックス・マガト(VfL監督):「全てがこれまでと同じ:ヴォルフスブルクはミュンヘンでは勝てない。ハームタイムまではまったく違っていた、そこでは希望があった。しかしわれわわれは本当にゲームを制するには多くの不安があったんだ。われわれは受け身となり、ミュンヘンをゲームに入らせてしまった- もちろんそれが危険となる。最後にはクオリティーの問題。われわれも多くの得点機があった。しかし私はチームを批判することはできない。FCバイエルンはクオリティーのあるチーム、彼らはチャンスを活かしたんだ。」