presented by
Menu
ルカ・トーニ

「フィオレンティーナは危険なチーム」

67試合中47ゴール、イタリアとヨーロッパで得点王に輝いた- ACフィオレンティーナに2年間(2005-2007)所属していたときにルカ・トーニが世界のベストストライカーの一人となった。FCバイエルンは水曜、彼の古巣クラブと対戦する、しかしW杯V戦士の姿はレコードマイスターがフィオレンティーナ入りしたルフトハンザ機には見当たらなかった。わき腹のケガのためにここ3試合欠場しているルカ・トーニはゼーベナー・シュトラーセでフィットネスコーチのオリヴァー・シュミットラインとともにトレーニングを消化した。2週間ぶりに彼は芝生の上に立った。その後に31歳はfcbayern.deと話しをした。

インタビュー: ルカ・トーニ

fcbayern.de: ルカ、フィオレンティーナで試合ができないのはどのぐらい辛いもの?
トーニ:「ここに残らないといけないのは辛いことだよ。この一戦に絶対に出たかったんだ。だけど万全の状態にはならなかった。」

fcbayern.de: どこで試合を観戦するつもりなの?
トーニ:「婚約者と自宅で観戦するよ。もしかすると何人か友人が来るかもしれない。僕の弟はフィオレンティーナのシュタディオンにいるよ。」

fcbayern.de: 試合前にフィオレンティーナとコンタクトがあった?
トーニ:「会長が電話してきたよ、数人の選手とも電話したんだ。私がプレーしないから嬉しいみたい、一方で私がフィオレンティーナにいないことを残念に思っているんだ。」

fcbayern.de: アルテミオ・フランキ・シュタディオンでFCバイエルンを待受けているものは何かな?
トーニ:「シュタディオンはぴりぴり感に包まれている、フィオレンティーナは危険なチーム。あそこで勝つことは難しいよ、だけどわれわれがビックゲームを展開することを信じている。」