presented by
Menu
ルンメニゲ、セレモニーをとり行う

インドにサッカーアカデミー開拓

フィオレンティーナと欧州チャンピオンズリーグ(CL)で対戦してから一週間後、カール=ハインツ・ルンメニゲが再び旅立つことになる。FCバイエルンの代表取締役社長が11月12日、カルカッタから150キロ離れたブルドゥワーンのベンガル/FCバイエルンサッカーアカデミー開拓のためにインドに飛び立つ。FCバイエルンの代表取締役社長は「5月にはすでにわれわれのチームが熱狂的な歓迎を受けた、今回はその後の両国のいい関係を築くための次のステップとなる」と発言した。

カルカッタとブルドゥワーンの人々は大きな期待とともにこのブンデスリーガのパイロットプロジェクトに熱狂することになる、ミュンヘンのベンガルセンター事務局長のモウリク(写真左)は火曜、「まだ体験したことがないような歓迎セレモニーを開催することになる」とルンメニゲをインドに招聘した。カルカッタ警察署長代理パハナンダ(写真右)がインドの歓待の予感としてバイエルンボスに彼の事務室で警察帽を贈呈した。