presented by
Menu
コットブス戦のコメント

クリンスマン:「満足することができる」

FCバイエルン、最下位のエネルギー・コットブスに逸出したプレーで快勝。レコードマイスターは試合開始からゲームを支配、そしてコットブスの驚きの先制弾の後にもしっかりとした答えをだした。マネージャーのウリ・ヘーネスはチームの出来にとても満足していた:「チームはビハインドの後にいい反応をみせて、すぐに2得点を奪ってくれた。」


コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「われわれは満足することができる。チームはビハインドの後にいい反応をみせて、すぐに2得点を奪ってくれた。4:1の後はいくらかテンポが緩まった、というのはもちろん誰もがブカレストとの一戦、土曜のレヴァークーゼン、そしてホッフェンハイムと決着をつける試合が続くと分かっているからね。そこではもちろん厳しいゲームとなるから少しばかり力を温存しなければならないんだ。だがわれわれはすでに準備はできている、これから面白くなる。」

ユルゲン・クリンスマン:「われわれは勝ち点3を奪うことができたことに満足している。結果からいけばもう少しゴールを望むことができていた、それだけのチャンスはあったからね。ゆっくりとわれわれの目標、ヘルプストマイスターになるための首位に近づいている。チームはいつも早いテンポでプレーしようとしている、もちろんフランク・リベリーのような非凡なプレイヤーとともにね。彼は再三に渡ってすばらしいアクションを演出してくれる。これから間もなくレヴァークーゼンとTSGホッフェンハイムと力比べをすることになる、そこで12月中旬にどうなっているかが分かることになる。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「とてもいいゲームだった。ボールをとても早く回して、いいコンビネーションがあり、多くのプレッシャーをかけることができた。コットブスがファーストチャンスで先制したのはおかしなものだった。だけど僕らはいいゲームをして、新しい芝生のピッチでも僕らのサッカーをすることができた。」

ボヤン・ブラスニカー(コットブス監督):「結果が全て。FCバイエルンは卓越したゲームをしたんだ。われわれは開始早々から問題があった、だがわれわれの先制により少しだけメリットがった。その後にリベリーに同点弾を決められ、ゲームに入るのは難しかった。われわれは今、すぐに次の試合を考えて、この試合を消化しなければならない。」