presented by
Menu
インサイド

クローゼ、ベテランとして代表を牽引

バイエルンFWミロスラフ・クローゼがミヒャエル・バラック主将不在のため、イングランド代表と対戦するドイツ代表20選手のなかでは代表キャップ数86と代表戦最多出場選手となる。彼に続くのは地元ベルリンで代表戦を行うヘルタ・BSCのアルネ・フリードリッヒ(63)およびFCバイエルンのバスティアン・シュヴァインシュタイガー(61)。代表のゴールランキングでもクローゼはメンバーのなかではトップの44得点。2位はルーカス・ポドルスキー(31)。3位には17得点のバスティアン・シュヴァインシュタイガーとFCバイエルン選手が続く。

ラームもメアケル首相を表敬

22選手と首脳陣を含めたドイツ代表チームは月曜夜、アンゲラ・メアケル首相を表敬訪問した。イングランド戦に招集された20選手のほかに主将のミヒャエル・バラックとフィリップ・ラームらもベルリンの首相官邸を訪れた。