presented by
Menu
クオリティーがゴールを奪う

トーニとリベリー、違いをみせつける

FCバイエルンの新たな補強について明確に強調することはカール=ハインツ・ルンメニゲにとって重要だった。FCバイエルン代表取締役社長は「クオンティティーよりもクオリティーが優先。3選手多く獲得するよりリベリーを獲る- これがFCバイエルンの今後のスタイルとなる」と金曜夜、クラブの年次総会に集まったおよそ1.700人の会員の拍手喝采のなかで発言した。

ルンメニゲの発言が証明されるのに48時間もかかることはなかった。ルカ・トーニとフランク・リベリーがFCシャルケ04との対戦で、2:1の勝利に貢献した。両選手とも勝敗を決めるゴールを決め、彼らのクオリティーでレコードマイスターにリーガ5連勝をプレゼントした。

ユルゲン・クリンスマン監督は試合後、「フランクは試合のなかで違いをみせられるプレイヤー、彼はいつも驚きの瞬間に絡んでいるからね」と喜んだ。ほぼ90分に渡ってピッチを支配するもの、まったくゴールチャンスを作りだせずにいたシャルケに対し、トーニとリベリーがパーフェクトな攻撃のあとに冷静にゴールを2度決めた。