presented by
Menu
レンタル移籍熟考

ドノバンについてMLSと交渉

先週始めからランドン・ドノバンは所属チームのロサンゼルス・ギャラクシーがマイスター争いから脱落した後、ユルゲン・クリンスマンの招待により体調を維持するためにFCバイエルンでトレーニングを続けていた。ドノバンは「ここでどのようなサッカーをしているのかをみる絶好の機会」とミュンヘンでの日々について数日前に語っていた。

26歳は金曜朝、週末にあるメジャー・リーグ・サッカー(MLS)の最終戦で5度目のアメリカ年間最優秀選手として表彰されるために故郷に向けて出発する。しかしドノバンがすぐにまた飛行機に搭乗する可能性がある。目的地:ミュンヘン。

ユルゲン・クリンスマン監督は木曜、「彼がとてもいいパフォーマンスをみせた後、われわれは2009年の1月1日からのレンタル移籍についてMLSと交渉することで合意した」とトレーニング前に明らかにした。ドノバンはリーガから口頭で「ヨーロッパで2ヶ月半プレーしてもいい - デビッド・ベッカムのように」との許可を得ているとクリンスマンは続けた。イングランドの歴代代表戦最多出場選手でもあり、ドノバンのギャラクシーのチームメートでもあるベッカムはアメリカの新シーズンが始まる3月までイタリアのトップクラブACミランでプレーする。

クリンスマンはFCバイエルンでドノバンをより長いスパンで契約することを考えている。クリンスマンは「目的はもちろんわれわれが彼と長期的に契約ができるかどうかだ- 最低でもシーズン終了まで」と続けた。しかしこれら全てはバイエルンの首脳陣とMLSの交渉次第とバイエルン監督はコメント。アメリカでは選手とチーム間ではなく、選手とリーガ間で契約成立している。