presented by
Menu
ルシオ、代表辞退

バイエルン9選手、代表戦へ

ミュンヘン、月曜朝のゼーベナー・シュトラーセ- トレーニングオフとなったこの日、ハミト・アルティントップだけをFCバイエルンのトレーニング場で目にすることができた。トルコ代表選手は足の手術後、間もなくのカムバックに向けてトレーニングを続けていた、このため同MFはオーストリアでのフレンドリーマッチ出場を断念することになった。一方、FCバイエルンのチームメートの多くが代表戦へと出発した。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーミロスラフ・クローゼルーカス・ポドルスキーらが水曜夜にベルリンでイングランド代表と対戦するドイツ代表に合流した。トニー・クロースはその前日に試合をすることになる、U21ドイツ代表とともにオスナブリュックでU21イタリア代表と対戦する。

マラドーナ、グラスゴーでデビュー戦

バイエルン主将マルク・ファン・ボンメルもホームのアムステルダムでオランダ代表とともにスウェーデンと対戦する。復調してきたゴールゲッター、ルカ・トーニは逆にアウェーで試合を行う、アテネで元欧州王者のギリシアとW杯優勝国が対決することになる。ダニエル・ファン・ボイテンはベルギー代表とともに隣国のルクセンブルクと対戦することになる。

ディエゴ・マラドーナが水曜夜、グラスゴー・ハムデン・パークでアルゼンチン代表監督してデビュー戦を飾る、このシュタディオンで彼はほぼ30年前に代表戦初ゴールを決めた。バイエルンのプロ2選手、マルティン・デミチェリスホセ・エルネスト・ソサもこの一戦に招集されている。

ルシオ、コットブス戦に黄信号

ルシオがブラジリアでのポルトガル戦を辞退した。FCバイエルンのCBは前節のメンヒェングラッドバッハとの一戦から内転筋の強い張りと背中痛を抱えてミュンヘンに戻り、この痛みを理由に母国での試合出場を断念することになった。ルシオが土曜、エネルギー・コットブス戦に出場できるかどうかは今のところまだ未定である。