presented by
Menu
ブカレスト戦に集中

ブカレスト戦に向けて準備スタート

試合終了後、次戦の準備が始まっていた。アリアンツ・アレーナのロッカールームでバイエルン選手は4:1とコットブスに勝利した後、3日後の欧州チャンピオンズリーグ(CL)ステアウア・ブカレスト戦に向けて準備をスタートさせた。

ブカレスト戦がFCバイエルンにとって「もの凄く重要」となるとユルゲン・クリンスマン、このため回復トレーニングとして自転車および冷浴で試合後、疲労回復に努めた。同監督は「われわれは欧州CLベスト16に進むビックチャンスがある。だからわれわれの集中はステアウア・ブカレスト戦に注がれている」とコメント。

日曜日のFCバイエルンのトレーニングもほぼ全て回復トレーニングにあてられた。クールダウン、ストレッチおよびマッサージが前日のコットブス戦に45分間以上出場した選手のトレーニングメニューとなった。残りのグループはトレーニングセンターで集中的に筋力トレーニングで汗を流した。

ポドルスキー復調、ミーチョは出場微妙

ルーカス・ポドルスキーもこの日のトレーニングに参加、土曜日は太ももの打撲により休養せざるをえなかった。FWは火曜日、FCBのメンバー入りすることになる、クリンスマンは「ルーカスは再びメンバー入りすることになる」と明らかにした。逆に出場微妙なのがマルティン・デミチェリス、同DFはコットブス戦でふくらはぎを痛め、前半で交代していた- クリンスマンは「念のための交代」とコメント。

バイエルンはコットブス戦を大きな故障者なくのりきった、これによりクリンスマンはブカレスト戦で長期離脱のウィリー・サニョールとハミト・アルティントップ(調整遅れ) を除く全選手を起用できそうだ。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは「僕らは決勝トーナメント進出を決めるつもりだ」と強調- 肉体だけではなく頭も全てブカレスト戦に向けられている。