presented by
Menu
満足バイエルン

ヘーネス:「スーパーなオフェンシブサッカー」

FCバイエルン、5連勝を果たす- レコードマイスターは90分の猛攻のあとにアルミニア・ビーレフェルトに3:1(1:1)と勝利して順位を3位にあげた。マネージャーのウリ・ヘーネスがチームを大いに褒めたとしても不思議ではなかった:「われわれは後半、全てのカードをきり、チームは統一されたプレーをみせてくれた。ビーレフェルトがとてもディフェンシブだったなかで、われわれはスーパーなオフェンシブサッカーだった。」

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「前半にまた一点相手に献上したためにわれわれは厳しい戦いを強いられた。われわれは後半、全てのカードをきり、チームは統一されたプレーをみせてくれた。ビーレフェルトがとてもディフェンシブだったなかで、われわれはスーパーにオフェンシブなサッカーだった。そこでは110%のゴールチャンスがあった。完全に勝利に値する出来で、ゲームは5:1または6:1となってもおかしくなかった。」

ユルゲン・クリンスマン:「われわれはどのように4-2-3-1が機能するのかみてみたかった。興味深いバリエーションだった。われわれが予期していた通りのコンパクトなビーレフェルトとの一戦だった、そこでは我慢を強いられた。われわれは先制することができた、しかしPKによりわれわれの勢いはブロックされた。後半には2:1とすることに成功した。コーナーキック数(20:0)がわれわれの圧力を反映していた。われわれは勝ち点3と連勝することができたことを満足している。ポドルスキーは監督が望むプレーをしっかりとみせてくれた。しかしながらチーム全体がすばらしい意気込みをみせてくれた。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれは今日、ゴールに向かってプレーしていた。ビーレフェルトは全く危険ではなかった。ゲームを完全に制し、前半は精確性に欠けていた。だがこの試合に勝つことに疑いはなかった。われわれが90分プレーしたなかで、今日の一戦が自分にとっては今季のベストゲームだった。」

ミロスラフ・クローゼ:「われわれは前半、良くなかったが、後半に調子をあげたんだ。われわれがこのようにプレーすれば、ゴールを決めることができるんだ。フィオレンティーナ戦を楽しみにしている。」

ミヒャエル・フロントツェック(ビーレフェルト監督):「あと14分間だったのに、残念だ。われわれは前半にいいプレーができて、チャンスを与えることは少なかった。バイエルンにチャンスが多くなったときには前半の流れが変わってしまっていた。バイエルンは勝利に値する出来だった。われわれが1:2となるゴールの前にカウンターでやられたのが痛かった。」