presented by
Menu
カムバック間近

ラーム:「用意はできている」

11月11日、ケルン、デュッセルドルフおよびマインツではいつも特別な日となる。ここ謝肉祭の本場でカーニバルがスタートする。しかしFCバイエルンにとってもこの日は重要な一日でもある。代表選手フィリップ・ラームが誕生日を迎えた。

ミュンヘンの生え抜き選手は火曜、25歳になった。彼の最大の願いを口にした:「僕はまず何よりも健康でいたい」とラームはコメント。2006年W杯で3位になったラームはケガの故障を乗り越えたばかりだった。

ラーム、彼の代役ゼ・ロベルトを称賛

3週間前の欧州チャンピオンズリーグ第3節フィオレンティーナ戦で負傷を負った。ケガはすでに完治し、ラームの意欲が再びみなぎる。25歳DFは「用意はできている、土曜日にプレーできると確信している」とコメント。

ラームは先週の金曜日以降、チームとともにトレーニングを続けている。日曜日のシャルケでのアウェー戦出場はまだ早過ぎた、しかしグラッドバッハでは再び出場したいと思っている。ラームは彼の離脱期間中のゼ・ロベルトの働きにとても満足していた。「ゼは左SBとしてとてもいいプレーをしていた。」

ラームはチームの成長に全体的に満足していた。「チームは良くなった。僕らはそこまで多くの失点を喫していない、しかしまだいくらか改善する点はある。」ブンデスリーガ5連勝がチーム全員により安定感をもたらした。「リーガでは僕らがまた一番上にいることを気づくことになる。」ラームは今、FCバイエルンが間もなく再び一番上に立つように力になりたいと考えている。