presented by
Menu
首位に勝ち点1差

レコードマイスターの熱い息

プレミエレレポーターがベルリン戦の結果をウリ・ヘーネスに知らせたとき、彼は深刻さをみせようと努めていた。「ホッフェンハイムが負けた?!今日勝てば、首位混戦となると分かっていた- それが今回のケース」とバイエルンマネージャーは少しばかり笑顔を浮かべながらコメント。ヘーネスはこの瞬間、とても満足しているようにみえた。「とても素敵な週末だった」と彼はこの後すぐにヴェルティンス・アレーナのインタビューゾーンで短くまとめた。

FCバイエルンにとってはすばらしい週末となった。取締役が金曜夜、年次総会で満足のいく事業年度(2007/08)の収益について発表、土曜日には新たに首位に立ったバイヤー・レヴァークーゼンが3:0とカールスルーアーSCに勝利、日曜にはバイエルンがFCシャルケ04に2:1と勝利、一方で前節まで首位でだったホッフェンハイムが0:1でヘルタBSCに破れた。ヘーネスは「FCバイエルンの熱いものを感じることができる、それは多くにはないことだ」とコメント。

熱戦の秋に追撃

バイエルンが勝ち点7ポイントで11位につけていたのは約3週間半前のことだ。ユルゲン・クリンスマン率いるチームは5連勝により首位のレヴァークーゼンと同勝ち点のホッフェンハイムに勝ち点差1と迫った- FCバイエルンが首位を奪還することになる。

クリンスマンは「この勝利がわれわれをゆっくりとわれわれが早くいたい場所へと導くことになる」とチームがクレーバーさとクールさで一流のプレーをした後にコメント。「われわれの目標はヘルプストマイスター、そこに着実に近づいている。」上位7チーム中の6チームが次節、直接対決する、一方でFCバイエルンは降格圏内のボルシア・グラッドバッハで試合をすることになり、週末に首位奪還となるかもしれない。