presented by
Menu
頂上決戦

「バイエルンはホッフェンハイムよりも強い」

バイエルン対ホッフェンハイム- ドイツ全土がこの一戦の開始ホイッスルを熱く待つ。すでに数日前から全てのメディアがブンデスリーガの頂上決戦について詳しく集中的に報道してきた。遠く離れたニューヨークでも「タイムズ」が「シーズンの大一番」と伝えた。多くの人が息をのむような試合は長らくドイツのブンデスリーガにはなかった。

マネージャーのウリ・ヘーネスは「われわれは素晴らしい一戦をみることになる、そこでわれわれはどちらがいいチームかを目にすることになる」と168カ国で放送される試合前に述べた。FCバイエルンは金曜夜、アリアンツ・アレーナで15万枚のチケットを売ることができていた、しかし数週間前にすでに6万9千人の観客席は完売となった。ルカ・トーニは「ビックマッチとなる。アリアンツ・アレーナの観衆はきっとすばらしいゲームを目にすることになる」と約束した。

トーニ:「方向性を示す」

バイエルン対ホッフェンハイム、ドイツレコードマイスター対新参者- ユルゲン・クリンスマンと彼のチームは首位に向かって数週間に渡り追撃した後、今節で勝ち点をタイに持ち込むつもりだ。W杯V戦士のトーニは「方向性を示す」と意気込み、「彼らにわれわれが首位に立つんだと示すビックチャンス」と「力比べ」前にコメント。FCバイエルンのフランツ・ベッケンバウアー会長は「バイエルンがホッフェンハイムにわれわれが海千山千だと示すと確信している」と語った。代表選手のフィリップ・ラームは「僕らはホッフェンハイムよりも強いんだ、僕は試合をすでに楽しみにしているよ」とコメント。

クリンスマンは「選手のモチベーションが頭のてっぺんまで高くなっていることは普通のことだ。実際には首位の懸かる勝ち点6ポイントゲームを目前にしている」とコメント。ダニエル・ファン・ボイテンは「全てが今、順調にきている。ホッフェンハイムと戦うにはいい時期だ」と強調した。マルク・ファン・ボンメル主将は「われわれはこのゲームに勝つために試合に臨むんだ。そしてわれわれは勝つことになる。」

カーン:「バイエルンは圧勝する」

バイエルン対ホッフェンハイム- ホッフェンハイムは一つの勝利で非公式のタイトル、ヘルプストマイスターを獲得し、1位で冬を超すことになる。引分けまたはバイエルン勝利でヘルプストマイスターの行方は来週末の前期最終節にもちこしとなる。最終節ではクリンスマンイレブンはシュトゥットガルトで対戦し、ホッフェンハイムはシャルケをホームに迎える。もしバイエルンがホッフェンハイムに4点差以上で勝利するようなことがあれば、今年最後の最終節を首位として迎えることになる。

ファン・ボンメルは「もちろんこの一戦でわれわれは首位になることができる、どうしてそれが不可能だっていうんだい?」と首位奪還の可能性がないことはないと語った。「もしわれわれが試合中に彼らを圧倒できることがあれば、その機会を利用することになる。だけどわれわれが勝ち点3を奪うことが大切なんだ。もし8:4で勝ったとしても私は満足だ。」オリヴァー・カーン前主将はこう確信していた:「私の経験から言うが、FCバイエルンは恐らく圧勝することになる。」