presented by
Menu
クリンスマンの6ヶ月

「ユルゲンの功績は見逃すことはできない」

ユルゲン・クリンスマンはクリスマス休暇中、家族とともにカリフォルニアで過ごすことになる。しかしながら彼の頭のなかにはFCバイエルンのことが常にある。「カール=ハインツ・ルンメニゲと電話でいつもコンタクトをとる」と同監督はコメント、そして彼は「ウィンターブレイクに入る」ことを残念がった。というのもレコードマイスターでの彼の仕事が実を結び始めたばかりだからである。

フランツ・ベッケンバウアーは「ユルゲンはクラブを揺り起こした」と夏にたくさんのアイデアとコンセプトで仕事をスタートさせたクリンスマンの6ヶ月についてコメント。トレーニングセンター、8時間制、トレーニング方法、サッカーの哲学など「多くのことをわれわれは変えた」とクリンスマンは半年前を思い出す。「これはもちろん選手にとっては単純なものではなかった。」

クリンスマン、伝統とモダンのバランス

ベッケンバウアーは半年後、前期の出来に満足していた:「ユルゲンのコンセプトは熟している。」チームは「ぎこちないスタート後」(クリンスマン)に公式戦16試合負けなし、ブンデスリーガでは首位ホッフェンハイムと同勝ち点、そして欧州チャンピオンズリーグ(CL)では32チーム中ベストチームとしてリーグ突破を果たした。

ルンメニゲは「われわれはとても満足している。ユルゲンはいい仕事をしていて、彼の功績は見逃すことはできない」とクリンスマンにとても満足のいく評価を与えることになった。クリンスマンはクラブの伝統的な価値とモダンなサッカー間に「バランス」をみつけることに成功した。

確信した仕事は時間を要する

クリンスマン本人も満足していた。44歳は「われわれがいたかったところに今いる」と述べ、「とても感情的で活気のある半年」を振り返った。「楽しめたなかで緊迫した段階だった。バイエルンに来たことが正しかったことを一度も疑うことはなかった。」

就任当初はいくつかの問題について向き合わなければならなかった。主力の一部が長期離脱、ユーロ戦士は遅れてチームに合流、その上にクリンスマンも彼のやり方をもちろん確信させなければならなかった。「彼らが気づくことができれば、機能していくものなんだ:ユルゲンは自分のことをやるためにここにいるのではない。彼はわれわれを前進させるためにここにいるんだ、これによりわれわれがトップチームに対抗し、少しでも改善できるようにするためなんだ。そしてこのプロセスが確信となる、だがそのためにはもちろん時間が必要だ。」