presented by
Menu
リベリー、リヨンを征服

「リベリーがプレーするよりもいいものはない」

空港、ホテル、スタジアム- 至るところでFCバイエルンとともにリヨンに滞在したフランク・リベリーはファンの注目となった。対戦相手も彼にリスペクトだけではなく深い敬意を示した。相手選手は度重なるファウルを謝罪し、リヨンファンの拍手喝采のもとにリベリーはピッチを去った。レコードマイスターのフランス遠征ではリベリーがピッチ内外で彼の存在感をはっきりと示すことになった。

フランスの年間最優秀選手に選出されたばかりの同MFは「バイエルン・ミュンヘンでプレーしても自分がフランス人だということを彼らは忘れないでいてくれんだ」とFCバイエルンとは初となる仏遠征で温かく迎えられたことについてコメント。

欧州チャンピオンズリーグ初ゴール

彼にとってこの一戦は「少しばかり特別なもの」と彼は試合前に語った。彼はオリンピック・リヨン戦で自らゴールを決めた- 欧州チャンピオンズリーグ初ゴール - その後も精確なクロスでアシストし、バイエルンの3点目にも絡んだ。

リベリーは「バイエルンとの初めてのフランスでの一戦は成功に終わった。1ゴール1アシストできて嬉しい」と試合後にコメント。フランツ・ベッケンバウアーは「彼らは局面的に4選手を彼につけたんだ、そのなかでも彼はこれをこじ開けようと試みたんだ」とコメント、「彼がプレーするよりもいいものはない。」

クラブとチームのサポート

ユルゲン・クリンスマンはリベリーの「創造性、感覚、大胆さ」を強調した。「これはいくらか特別なもの。」FCバイエルン監督はリベリーがレコードマイスターの成功に「とても重要」だということを知っている。「彼のカムバックおよび彼のコンディションが良くなって以来、われわれが本当にスタートをきったことは偶然ではない。」

これに応じてクラブはリベリーが彼のゲームに集中できるように注意している。クリンスマンは「われわれは彼にFCバイエルンではとても快適にいられる環境を与え、そこで彼がベストプレーをだせれるようにしているんだ」と述べ、チームが彼のためにサポートしていることも強調した。「ラーム、ゼ・ロベルトまたは今日であればボロフスキーが彼を後ろからサポートして彼がアイデアをすぐに実践できるようにしているんだ。」この自由をリベリーはどのゲームでも活かしている。ダニエル・ファン・ボイテンは「フランクがバイエルンでプレーするようになってから彼はいつもとてもいいプレーをしている」と述べ、こうも語った:「それよりか彼がまたレベルアップしたと思うんだ。」