presented by
Menu
インサイド

オッド、リーガ3試合出場停止

FCバイエルンのマッシモ・オッド、リーガ3試合出場停止- シュトゥットガルトでのアウェー戦で退場処分を受けたイタリア人は月曜、ドイツサッカー協会スポーツ裁判所から3試合のブンデスリーガ出場停止を命じられた。トルステン・キンヘファー主審は後半40分、シュトゥットガルトのクリスティアン・トレシュへのオッドのプレーを乱暴なプレーと判断。オッドはこれでハンブルク、ドルトムントおよびベルリン戦で欠場することになる。右サイドバックはウィンターブレイク明けの最初の公式戦- VfBとDFBカップ3回戦で再戦 - では出場することができる。