presented by
Menu
攻撃陣の対決

バイエルントリオ vs. ホッフェンハイムトリオ

ルカ・トーニが金曜夜のアリアンツ・アレーナで「ビックマッチ」を予期する- 戦いの火ぶたはきっておとされた。フランク・リベリーが「ルカ、不安があるの?」とドイツ語で問いかけ、リベリーとトーニがお互いにニヤリと笑い、ジャーナリストらからも笑いがこぼれた。ヘルプストマイスターを懸け、恐らく決定的な一戦となる前日、FCバイエルン攻撃トリオの2人の雰囲気はベストなものだった。

ここ数週間の活躍でミロスラフ・クローゼを含むレコードマイスターの攻撃トリオは自信をもってリーガNo.1の攻撃力をもつ相手(40ゴール)との一戦に臨む。FCバイエルンは2ヶ月間負けがなく、この期間にブンデスリーガでは23ゴールを決めている。

「すばらしいトライアングル」

トーニは「この数週間はとても良かった。お互いの動きがうまくあっていた。われわれはお互いをより理解するようになってきている、誰もが本調子になった」とコメント、同選手はドイツ、フランスおよびイタリアのトリオ内ではいつも100%意思疎通が図れない中でもこの3人組を「すばらしいトライアングル」と称した。これが成功の秘訣ともトーニはニヤリと笑い、こう強調した:「卓越した選手間では言葉は必要ないんだ、お互いにプレーすればいいんだ。」