presented by
Menu
リヨン - バイエルン

リヨン戦勝利のコメント

6試合勝ち点14ポイント- FCバイエルンは今年ほどいい戦績で欧州CLグループリーグをこれまでに終えたことがない。ウリ・ヘーネスはリヨンで3:2と勝利した試合後、「われわれはすばらしいグループリーグを戦うことができた。4勝2分け、一度も敗れていないんだ- センセーションだ」ととても満足していた。3:0のリードで前半を折り返した後にもう一度緊迫感が戻ったことについてもバイエルンマネージャーがチームを大絶賛することに変わりはなかった:「われわれはとても満足することができると思っている。」


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「われわれはとても満足している。グループ首位を勝ち取り、これによりわれわれの目標を達成することができた。楽なグループではなかった。われわれはチームを褒めることができる。彼らはとくに前半、すばらしかった。リヨンが後半にすばらしい試合をしたが、われわれが勝利に値する出来だったと私は思っている。」

ウリ・ヘーネス:「われわれはとても満足することができると思っている。しかしながらハーフタイムのすぐ後に4点目を奪うことを逃してしまった、そこで決めていればきっと楽な夜となっていただろう。しかしながらわれわれはすばらしいグループリーグを戦い、大いに満足することができる。4勝2分け、一度も敗れていないんだ- センセーションだ。3:0と悠々とリードしていれば、4点目を決めて、少しながらシュトゥットガルトの一戦を考えることになる。そこで少しばかり手を緩めてしまった。それでもチームを称賛しなければならない。」

フランツ・ベッケンバウアー:「3:0とリードしていれば、チームがテンポを緩めることを理解することができる。そこで相手がしたたかにこれを利用してきたんだ。しかしながら4勝2分けといいグループリーグだった。」

ユルゲン・クリンスマン:「とても厳しいグループで首位を勝ち取ることができ、われわれはとても満足している、そしてこれを少し誇りにしている。前半は素晴らしい出来だった。チームがワンタッチ、ツータッチでボールを回して、ペナルティーエリアに侵入して得点機を作ったんだ、これは最上級のものだった。本当に楽しめるものだった。すばらしい前半で特別級のサッカーだった。後半はわれわれは少し後退して、リヨンのエンジンがかかってしまった。」

フィリップ・ラーム:「今日は結果は良かったけど、内容は良くなかった。僕らは多くのチャンスを与えてしまった。僕らの良かった点は決定力、それ以外は多くのミスをしてしまった。前半はまだしっかりできていた、後半は全くダメだった、だけど僕らがとてもいいグループリーグを戦って1位となったということは言えると思う。」

ミヒャエル・レンジング:「後半のようなことは予期していなかった。僕らは前半に最適なプレーができて、3:0とリードすることができたと僕は思っている- だけど実際は信じられないことなんだ、誰もこれを計算に入れていなかった。遅くとも1失点目を喫した後から次第に後ろへと下がり、多くのチャンスを与えてしまった。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「僕らが勝てたことを喜んでいるし、誇りに思う。とても厳しい一戦だった。欧州CLでチームがいい結果を残せると確信している。僕らは常に良くなっていて、ゲームに勝利しているんだ。決勝トーナメント一回戦第1戦をアウェーでプレーできることは大きなメリットだ。」