presented by
Menu
FCバイエルンに移籍か?

ルンメニゲ、オリッチ獲得に興味

FCバイエルン、ブンデスリーガから1人選手を補強することを視野に入れる。リーガ5位ハンブルガーSVのFWイビチャ・オリッチがバイエルン首脳陣の願いでは来シーズンからドイツレコードマイスターでゴールを狙うことになるかもしれない。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「われわれが獲得の興味があると言ったんだ。まずはこれからどのように発展するのか様子をみなければならない。FCバイエルンはよく熟考しなければならない」と欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ最終節となる敵地オリンピック・リヨンへと出発する前にコメント。

ルンメニゲは「ビルト」紙のなかでオリッチに興味があるとすでに語っていた。「われわれはイビチャがルカ・トーニとミロスラフ・クローゼの両FWにとても合うと確信している。彼の契約が満了するという副次的効果もある。」これによりオリッチ獲得に移籍金は発生しないことになる。

オリッチの代理人ゴルドン・スティピックは火曜、ウィンターブレイク中に29歳クロアチア代表選手(60試合出場10 ゴール)の今後についてオリッチと話をすることになると説明した。FCバイエルンは後期開幕となる1月30日、敵地ハンブルクでアウェー戦を戦うことになる。