presented by
Menu
「ベストゲーム」

レンジング、勝利を手放さない

週始めにミヒャエル・レンジングが今季ここまでのプレーに対する報道について不満を口にしたばかりだった。「バイエルンでは全てが2倍、3倍の大きさで評価される。過剰に多くのことを探られるんだ。ブレーメン戦のゴール、これには責任がある、だがそのほかは…」と24歳はコメント、同GKはこう確信していた:「いつか全ておさまるときがくる。」

遅くとも水曜夜のオリンピック・リヨン戦3:2の勝利以後にはレンジングの批判家の多くが黙り込んだに違いない。とくに後半、いくつかトップクラスのセーブでレコードマイスターの新守護神がチームを勝利に導くことに大きく貢献した。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は試合後、「ミヒャエル・レンジングの背番号が1となって以来、紛れもなく彼のベストゲームだった」と口にした。ユルゲン・クリンスマンも彼のGKには褒め言葉だけが続いた。「彼は今日、いくつかのシュートをトップクラスに防いでくれた。ミヒャエルがわれわれの勝利を手放さなかった。」