presented by
Menu
15万人がチケットを切望

欧州チャンピオンズリーグ規模の一戦

火曜日、ゼーベナー・シュトラーセのFCバイエルンチケット部門の電話が鳴り響いた。根気強く、数人のバイエルンファンが金曜夜のTSGホッフェンハイム戦のチケットを手に入れようと試みていた。全部で650件新たに注文が火曜日の昼までに電話とメールを通じてレコードマイスターに届いた、しかし返答はいつも同じものだった:完売!

前期戦の前売りが始まった8月には会員でなくてもチケット窓口または前売り場でこの一戦のチケットを購入することができていた。チケットシステム部長のオリヴァー・メースターラーは「ホッフェンハイムの躍進により、需要が週を追うごとに上がった」とコメント。TSGホッフェンハイムも約6.500枚のチケットを完全に売却することができた- アリアンツ・アレーナでプレーする多くのチームが今シーズン、これを達成できていない。

「前期のクライマックス」

レコードマイスターのFCバイエルン対昇格チームTSG1899ホッフェンハイム - 数ヶ月前まではダビデとゴリアスの宿命的な対決であったゲームが上位2強の対戦ということにより完全なる頂上決戦となった。2位のバイエルン対センセーションを起こす首位のホッフェンハイムの対決は「前期のクライマックス」ともなったとメディア・コミュニケーション部門のマルクス・ヘルヴィックが誇張せずに説明した。「ドイツ全土を驚かすゲームにまでなった。」

彼とプレスチームはここ数日、数週間ほどハードワークを強いられていた。ヘルヴィックは「この試合の重要性がもちろん問い合わせの殺到につながった」と報告。300人近くのメディアとフォトグラファーが金曜夜にアリアンツ・アレーナにやってくる、ここにテレビ中継をするものも加わる。幾つかの国では試合は生放送されることになっている- チャンピオンズリーグの一試合の規模となる。ヘルヴィックは「ドイツ全土がこの対戦を目にすることになる- ヨッロッパ半分もみることになる」とコメント。

ユルゲン・クリンスマンは「ファンはこの瞬間を数週間待っていたんだ」と公とメディアの注目度を想像することができる。同監督は観衆が「熱戦」を楽しみにすることができると信じている、それと同時に「スタジアムのスーパーな雰囲気」と「ぴりぴり感」を望んでいる。クリンスマンはこう確信している:「ちょうどいい時にこのゲームがやってくる。」