presented by
Menu
契約交渉

FCB、間もなくの決断を望む

バスティアン・シュヴァインシュタイガーの契約延長がFCバイエルンではすでに決定した、だがまだ他の選手の動向が決まっていない。ウリ・ヘーネスは「われわれはもう数日やるべきことがある」とチームがクリスマス休暇に入った土曜日にコメント。「われわれはこの数日のうちに数人との交渉結果を公にするつもりだ、遅くとも1月には公開したい」とコメント。fcbayern.deはFCバイエルンでまだ今後の動向が決定していない選手をまとめてみた:

マルク・ファン・ボンメル
バイエルン主将の契約はシーズン終了後に満了する。FCバイエルンは契約延長の興味を示し、金曜日に「共感のもてる話合い」(ルンメニゲ)の後に新たにオファーを提示した。フランツ・ベッケンバウアーは「このオファーを受けるかどうかは彼次第」と述べた。ヘーネスはこう語った:「マルクはウィンターブレイク後に決断するつもりだ。」

ゼ・ロベルト
ユルゲン・クリンスマンは「前期は一流の活躍だった」とシーズン当初にミュンヘンでは最後の年となると話をしていたブラジル人に太鼓判を押した。これまでのところ34歳が2009年6月30日に満了する契約をもう一度延長するとみられている。ルンメニゲは「彼の代理人はゼがバイエルン・ミュンヘンに残ることに興味を示しているとすでに説明してきた」と語った。クリンスマンは「もし彼がもう一年できるのなら嬉しいことだ」とコメント。

ホセ・エルネスト・ソサ
アルゼンチン人がFCバイエルンに所属してから1年半となる。しかしながら控え選手としての役割を抜き出せなかった。レコードマイスターは依然として23歳のクオリティーに確信していて、実戦経験を積ませるためにソサを後期にレンタル移籍することを考えている。ルンメニゲは「彼は残念ながらここでブレイクできなかった」と述べ、「われわれはいくつかの打診があり、1月にはレンタル移籍させるつもりだ」とも続けた。

イビチャ・オリッチ
移籍金なしとなるクロアチア人はFCバイエルンの新シーズンの獲得選手リストでは上位にいる。ベッケンバウアーは「彼は興味深いプレイヤー」とコメント、ヘーネスはFWとの交渉状態についてこうコメント:「われわれは彼と交渉中だ。うまくいかどうかは様子をみることになる。」