presented by
Menu
ドバイの絆

「チームがより一体になった」

FCバイエルンのチャーター機が火曜早朝、無事に到着。多くの搭乗者からは安堵感がうかがえた。アラブ首長国連邦とサウジアラビアでの10日間を経てバイエルンがミュンヘンに戻ってきた、全員がシャワー、たっぷりの朝食および自宅を楽しみにすることになった。

バイエルンは1月2日の夕方、冬季トレーニングキャンプに向けて出発。ユルゲン・クリンスマン率いるチームはドバイで集中的なトレーニングを消化、その後にテストマッチを2試合行った: アブダビでアル・ジャジーラ戦、2日後にはサウジアラビアのイェッダでアルワハダと対戦した。両チームに勝利、しかしクリンスマンがポジティブに全体的に総括したのはゲームに勝利したからだけではなかった。「われわれはいいベースを作ることができた。成功した日々だった」とバイエルン監督はFCB.tvとのインタビューのなかでコメント。

夏の準備期間にトレーニングキャンプを断念した後、クリンスマンはこの冬、彼のスタッフとチームとともに長い時間を共有することができた。「ここにいたことはわれわれにとってはすばらしい経験だった」とクリンスマン、同監督は彼と全ての関係者が集まったことが第一の印象ではないと述べた。