presented by
Menu
レギュラーを懸けた戦い

「誰が本当に情熱をみせるかみるつもりだ」

単純な方程式: 24選手と11のレギュラーポジションが競争を生みだす。この数学的な確証をFCバイエルンのトレーニングのなかで目にすることができる、とくに今の準備段階の時である。ユルゲン・クリンスマンは「レギュラー争奪戦は初日からとても盛ん」と選手個々を鋭い眼差しで見守る。

FCバイエルン監督が「数人の選手がスタートのイレブンに入ろうとしている」ことを確認したとfcbayern.deに語った。いずれにしてもレギュラーへの扉は開いている。「基本構想はある。とくに前期の終盤にとてもいいパフォーマンスを魅せた選手は小さな貯金があるからね。だがどの準備期間でも小さな新定義はある」とクリンスマン、「われわれは目を光らせている。われわれは誰が本当に情熱をみせるかみるつもりだ」

選手が力を入れる

熱く燃えているのは例えばハミト・アルティントップ。ほぼ前期全体を棒に振ったトルコ代表選手がレギュラーへと邁進する。クリンスマンは「ハミトはまた一段と力を入れている」と気がついていた。しかしダニエル・ファン・ボイテン、ティム・ボロフスキーおよび直接のライバルでもあるマッシモ・オッドがブンデスリーガ3試合出場停止のためポイントを稼ぐことができるクリスティアン・レルらが出場のチャンスを懸けて戦っている。

新加入のランドン・ドノバンも彼の能力を証明しようとしている。3月中旬までレンタル移籍をしている同アメリカ人は出場機会だけではなくFCバイエルンでの長期の契約のためにも自身をアピールしている。クリンスマンは彼がここまではいい方向に向かっていると語った:「ドノバンの印象はとてもポジティブ - ゲームの中だけではなく、グループに溶けこんでいるみたいだ。」しかし監督も「今日明日でFCバイエルンの中で自分を貫けるほど甘くはない」と分かっている。

「レギュラーを懸けた戦い」

FCバイエルンの選手は1月27日の公式戦初戦DFBカップVfBシュトゥットガルト戦までトレーニングおよび3試合のテストマッチで自己をアピールする時間がある。「レギュラーを懸けた戦い」とクリンスマンは強調、「この数週間でどうなるかわれわれはとても楽しみにしている。」