presented by
Menu
インタビュー: クリンスマン、パート2

「FCバイエルンではやり抜けるかどうかだ」

ユルゲン・クリンスマンがfcbayern.deとのインタビューパート2のなかでFCバイエルン監督としての半年間について詳細を語った。何故マルク・ファン・ボンメルを一時レギュラーから外したのか?ウリ・ヘーネスとの関係、そしてルーカス・ポドルスキーの状況などについて述べた。ドイツレコードマイスター監督が詳しく応答した。


インタビュー、パート2: ユルゲン・クリンスマン

fcbayern.de: ユルゲン、FCバイエルンの監督として世間から一心の注目を浴びています。新しいやり方で不信になることはなかったのですか?
クリンスマン:「多くの偏見とともに重圧のかかった状態で仕事をスタートすることになった、何が起きるのか誰も分からなかったからね。ドイツ代表での仕事は今のFCバイエルンの仕事とは全く違うものだった、それでも比べられ、こう言われたんだ: クリンスマンは今、当時と同じやり方をしている。だがそれは決して正しくはないんだ。いつの日か自分に言ったんだ、自分を常に正当化しなくてもいいとね。自分がどんな人間か人々はすぐに目にすることになったんだ。」

fcbayern.de: マルク・ファン・ボンメルを主将にして、一時レギュラーを外しました。世間から波紋を大きく投げかけられました。
クリンスマン:「このような難しい決断を下すときには、世間から何を言われようと考えることはない。自分にとって大切なのは: このやり方で自分がどうしたいのか?ということだ。マルクは主将となった、そしてわれわれの完全なる信頼がある、彼はチームをまとめ、一番コミュニケーションがとれる人物だからね。しかし: 彼もいつももちろんのこと監視されているんだ。彼がいつも出場できると考えていた時期がもしかするとあったかもしれない、またはベストなプレーができていないのに改善していなかったかもしれない - いずれにしても私はほかの選手に主将であってもプレーで判断されているということを示したかったんだ。もちろんこの決断が議論を呼ぶことは分かっていた。しかし私は確信していたんだ: 彼を評価するとおり、彼が集中すれば正しいリアクションを示すとね。これを彼は本当にやり遂げ、トレーニングのなかでも全力でやり、それからゲームの中での安定感に繋がった。」

fcbayern.de: 選手がまずは全ての改革に慣れなければいけないと再三強調してきました。ご自身はどのように順応性の過程を克服してきたのですか?
クリンスマン:「ある想像していた新しい環境に遭遇するとクラブそしてチームの安寧、または自分のやり方からそれるなど常にフレキシブルでなければならない。私は再三熟考したんだ: どこで大きく踏みだすのか、どこで進路を変えた方がいいのだろうか、そしてどこで妥協するのか。われわれは再三、いくつかのことを最適にすることを試みた。監督は常に柔軟性がなければいけない。誰もが2、3ヶ月後に私には柔軟性があると気づいたと思っている。これを世間からも改革のために期待している。」

fcbayern.de: この過程をチーム内そしてクラブ内で一緒に追っていくことはとても興味のあるものだったのではないですか?
クリンスマン:「チームがより伸びて、成功を収めるクラブだけが私にとっては大切と皆が気づいた6ヶ月間はとてもはらはらさせるものだった。だから私はFCバイエルンの監督としていられる名誉があるんだ。これを日々示すことができる。私のスタッフそしてチームとともに働いている人々からも同じように最大の力を期待している - これにより選手の下にいき、彼に言うことができるようにね: われわれは全て君のためにやったんだ、今度は君が結果をだす時だとね。」