presented by
Menu
2010年6月まで

クロース、レヴァークーゼンにレンタル移籍

トニー・クロースがFCバイエルンを去る、リーガのライバルでもあるバイヤー・レヴァークーゼンで1年半プレーすることになった。バイエルンでは史上最年少でブンデスリーガデビューを果たした19歳は2010年6月30日までレンタル移籍することになった。

2007年の17歳以下のワールドユースでMVPを受賞した同MFは来週末から出場することができるかもしれない。しかしまだ後期の全準備期間を棒にふった足首の故障が癒えていない。

クロースは今季のブンデスリーガではわずかに7試合出場に止まった、スタメンは2試合のみ。元バイエルンのブルーノ・ラッパディアの下、クロースはレヴァークーゼンでより出場機会に恵まれることになるだろう。クロースのFCバイエルンでの契約は2011年6月30日までとなっている。