presented by
Menu
「強く印象を与える」

ゼ・ロベルト、全盛期を迎える

ほかの選手が30歳始めおよび半ばでキャリアを終えるなか、ゼ・ロベルトは34歳で開花している。3大会を通じて彼は今シーズン、13ゴールに絡んだ(5ゴール、8アシスト)、FCバイエルン1年目(2002/03)に樹立した彼のベスト記録の17ゴール - 当時は28歳 - をゆうに超えそうだ。

ユルゲン・クリンスマンも同MFのプレーについて「ゼは単純に強い印象を与えている」と驚く。「彼はハイレベルでトレーニングとゲームをこなしている。」ゼ・ロベルト自らも例外だと分かっている。「同じ年代で同じようにプレーをする選手は今のところとても少ないと考えている」と彼はコメント、「まだ十分に張り合えている」と続けた。

それには幾つか理由がある。ゼ・ロベルトは「試合の後にはしっかり休むんだ」と語った、同選手はとくに家族のもとで英気を養っている。クリンスマンも「彼は家族的な人間」と分かっている、ブラジル人にとってセレソン引退がポジティブなものになっているとも確信している。「代表チームと世界中を飛び回らなくてすむのは彼にとってはいいことだ。」

必要とあればゼ・ロベルトはトレーニングを回避することもある。クリンスマンは「われわれには彼個人用のフィットネスプログラムがある」とコメント。結果としてゼ・ロベルトの状態はとてもいい。彼は前期、わずかに3試合だけ欠場。