presented by
Menu
燃えるドノバン

ドノバン、FCバイエルンの挑戦に応じる

ランドン・ドノバンは実際のところ、もっと楽な選択をすることができていた。アメリカサッカー界の26歳のトップスターにこの数週間で欧州の複数のクラブから獲得オファーが届いた。しかしこの先の3年または4年の契約にサインをする代わりに攻撃的選手は一か八かの勝負を選び、彼の座右の銘「no risk、no fun」のもと、FCバイエルンに10週間レンタル移籍することを決めた。

ユルゲン・クリンスマンは「あいつはとても燃えている、自分の力を証明するつもりだ。その気持ちは驚くほど強い」とコメント。バイエルン監督の願いもあってドノバンは11月、ドイツレコードマイスターで10日間トレーニングを行った。この後に両サイドが引き続き「テスト期間」をもうけることで一致。ドノバンは3月中旬の「メジャーリーグサッカー」新シーズン開幕までFCバイエルンに所属することになる。契約延長になるかまたは彼のクラブ、ロサンゼルス・ギャラクシーに戻るかどうかはこの期間で見極められる。

「何をしなければいけないかを知っている」

クリンスマンは「彼は首脳陣そして私に自らを認めさせ、FCバイエルンの選手だということを確信させようとしている。彼にはそれをするだけの才能がある」とFCB.tvとのインタビューのなかでコメント。ドノバンはFCバイエルンでの挑戦に自信をもって応じる。同選手は「すでに多くのチームでプレーしてきた。いいプレーをすることができるし、ピッチで何をしなければいけないかを知っている」と日曜にコメント。「挑戦する準備はできている、もしチャンスがくれば、活かしたい。」