presented by
Menu
「失点が少なくなる」

バイエルン、ディフェンス強化で零封目指す

「赤い悪魔」が本当に最後まで全力を尽くした。試合終了までFCバイエルンディフェンダーは再三、速攻に応対することになっていた - だが何本か危険な距離のあるシュート以上のチャンスを1.FCカイザースラウテルンが月曜夜のFCバイエルンとのテストマッチで作ることはできなかった。無失点、これを後期にドイツレコードマイスターでは再三、目にすることになる。

ユルゲン・クリンスマンは「われわれにとってDFとMF間の意思統一がうまくできていたことを確認できたのは大きい。彼らはカイザースラウテルンでとてもうまくやり遂げてくれた」とfcbayern.deとの談話のなかでベッツエンベルクでの彼のイレブンのディフェンスの対応を褒めた。

レコード記録後のシーズン

コンパクトにボールサイドへと移動し、ボール奪取の際には早く押し上げる - これをクリンスマンはチームディフェンスに求める。これが前期、いつもうまくいくことはなかった。FCバイエルンはブンデスリーガ17試合中24失点、これにより昨季の総失点よりもすでに3失点多いことになる。フィリップ・ラームは「この比較は正当ではない」と昨季の最少失点記録樹立についてコメント。「例外のシーズン、これほど失点が少なかったことはこれまでなかった。それに僕らのサッカーは昨年とは全く違う。」

より説得力があるのが今季のほかのブンデスリーガチームとの比較である。ここでFCバイエルンが臆する必要はない。レコードマイスターはヘルプストマイスターのホッフェンハイムよりもわずかに1失点多いだけである、全体的に5チームだけがバイエルンよりも失点が少ないチームである。

マイスターはやってくるものではない

ラームはそれでもディフェンスを引き続き強化していかなければならないという。「多くの失点をしてしまった。そしてリードを許し過ぎてしまった。ここを後期に改善しなければならない」と左サイドバックはコメント。「オフェンスとディンフェンス間でしっかりとしたバランスを見つけなければならない。」