presented by
Menu
「ツイていた」

ファン・ボンメル、2、3日練習回避

ミュンヘンに到着- ユルゲン・クリンスマンが火曜昼、吉報を受け取った。マルク・ファン・ボンメルのケガは重傷ではなかった。FCバイエルン主将は冬季キャンプで左膝を打撲しただけだった、これにより彼の2週間後の後期リーグ初戦の出場は問題ない。

ファン・ボンメルは月曜夜、サウジアラビアのアルワハダ戦(3:1)で負傷。30分弱に彼は途中交代した。ユルゲン・クリンスマンは「彼がすぐにサインをだしたんだ: ピッチをでたい」と報告。

ファン・ボンメル、安心する

ミュンヘンに到着してからすぐにハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートの診察所で精密検査を受けた。その後、周囲の不安を一掃することになった。ファン・ボンメルは2日、3日間トレーニングを休むことになる。試合後、とても考え込んでいたオランダ人だが安心したようだ。「ツイていた」と短くも明確なショートメッセージサービスがfcbayern.deの下に届いた。

トニー・クロースからもいいニュース。クリスマス休暇から足首の靭帯負傷で戻ってきたFCバイエルンの若手MFは数日後にランニングトレーニングを再開することができる。