presented by
Menu
「いい世代」

ラーム、レンジングら同世代が大きな軌跡をたどる

フィリップ・ラームまたはアンドレアス・オットルを探せば、大抵は彼らを卓球ルームで目にすることができる。ドバイのトレーニングキャンプ中に空き時間があればお互いに卓球のラケットを手にとり、対戦をしている、またはクリスティアン・ネルリンガーとフィリップ・ラウクスらとダブルスをすることがある。数メートル先にはミヒャエル・レンジングがビリヤード台によくいる、クリスティアン・レルとバスティアン・シュヴァインシュタイガーも卓球台またはビリヤード台のどちらかでみかけることができる。

ラーム(83年組)、オットル(85)、レンジング(84)、シュヴァインシュタイガー(84)およびレル(84)らは似たような趣味だけでの繋がりではない。レンジングは「お互いにとても理解している、一緒に多くのことをしていて、僕らはたまに自分たちの彼女よりも頻繁にみることがある」といい関係について報告。5人はユース年代からFCバイエルンで一緒にプレーをして、2002年にはドイツのAユース選手権を制覇 - そして今ではFCバイエルンのトップのメンバーに属している。

ヘーネス、ユース年代の育成を賞賛

ウリ・ヘーネスは「引き続き伸びていくいい世代がある」とfcbayern.deとの談話のなかでコメント。同マネージャーはレコードマイスターの育成を称賛:「われわれにはプロフェッショナルな環境でプロフェッショナルなコーチが揃っている。そしてわれわれにはアマチュア監督としてヘルマン・ゲルラントがいる、彼はユースから上がってきた選手をプロでやっていけるためにサポートしているんだ。これがうまく機能している。」