presented by
Menu
デビュー戦

2アシスト、チャンスメーク

ランドン・ドノバンが2009年1月10日の土曜からバイエルン年鑑史に名を刻むことになった。アブダビのトップチーム、アル・ジャジーラとのテストマッチで彼はドイツレコードマイスターのユニホームを身にまとい、デビューを飾った、これによりアメリカ人としては初のFCB選手になり快挙となった。「楽しかった」と彼はfcbayern.deにコメント。

同26歳のFWはクリスティアン・レルを除いては唯一90分フル出場を果たし、前半にいくつか得点機があった。ゴールを奪えそうな位置から立て続けにシュート(6./28./38.)、ゴールを決めるためのツキに恵まれずにいた。しかし彼はバスティアン・シュヴァインシュタイガーの同点弾をアシストし、クオリティーの高さをみせた。