presented by
Menu
ヘルタ戦のコメント

「最後のひらめきが欠けていた」

FCバイエルン、今季初の首位奪取のビックチャンスを逃した。ヘルタBSCでリーガ連覇を目指すFCBは避けることのできた敗戦を喫することになった。しかしながらマネージャーのウリ・ヘーネスは熱くこう語った:「われわれのスタート地点がとても悪くなったとは思っていない、というのはほかのチームがわれわれに不安を与えるようなゲームを必ずしもしたわけではない。」


コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「とくに後半にあった多くのチャンスを決めることができなかった。しかしわれわれのスタート地点がとても悪くなったとは思っていない、というのはほかのチームがわれわれに不安を与えるようなゲームを必ずしもしたわけではないからね。今のところまだ心配はしていないよ。」

ユルゲン・クリンスマン:「首位を奪うことができなかったことはとても腹立たしいことでガッカリしている。選手はロッカールームでこう言ったんだ:情けない、こんなことはあってはいけない。だけどそれがサッカーなんだ。この状況のなかでも私は遅かれ早かれ1位を奪うことになると考えている。われわれは全てを取り戻すことになる。私はチームがここで決勝ゴールを奪うため、そして相手にカウンターを許さないためのひらめきが欠けていたと気づいたと考えている。」

ディーター・ヘーネス(ヘルタBSCマネージャー):「激しく戦い、最後には勝利に値する出来だった。バイエルンはゲームをすでに制していた、だがわれわれのチームはチャンスをほとんど与えず、よく戦ってくれた。全体的にみても、僅差だったがそれでも勝利に値していた。今、上位に定着してきた、われわれはインターナショナルでプレーするつもりなんだ。」

ルシアン・ファブレ(ヘルタBSC監督):「ヘルタに就任して以来、一番の日だというしかない。本当にすばらしいよ。とても満足している。ピッチ上でまとまりをみることができた。2:1の勝利に値する出来だった。」