presented by
Menu
ポドルスキー100%

「最後まで全力を尽くしたい」

ケルンへ復帰決定、背中痛を克服、そして体調は万全となった- 今こそルーカス・ポドルスキーの集中がFCバイエルンでの残りの時間に100%注がれることになる。同選手は「残りの数ヶ月、ここで全力をだすつもり。もしかすると最後に幾つかタイトルが獲れるかもしれない。夏からケルンに集中することになる」と水曜日に強調した。

1.FCケルンとのブンデスリーガ対決が3日後にアリアンツ・アレーナで行われる。2006年にケルンからミュンヘンに移籍した彼は今夏に古巣復帰することになる。ポドルスキーは「普通のゲームではない」と土曜日の対戦を前にコメント- だがそれは古巣ケルン戦だからだけではない、同ストライカーにとっては数ヶ月ぶりにメンバー入りとなるかもしれないからである。

トレーニングで確信させる出来

ユルゲン・クリンスマン監督は「ルーカスがこの数日のように今週もトレーニングすれば、来週の土曜日のケルン戦でメンバー入りするチャンスがある」とすでに月曜日に示唆していた。同23歳は土曜日の一戦に向けて「いい感じ」がある。

ポドルスキーは「自分をアピールする日がもう少しある、トレーニングの中で全力を出していく。監督を納得させるために全てを尽くす」とコメント、「だが彼が誰をメンバー入りさせるかを決断するんだ。もしメンバー入りしなくてもそれで終わりではない。それを受け入れて、引き続きハードにやっていかなければならない」とも続けた。