presented by
Menu
スポルティング戦

クリンスマン、トーニ出場に期待

FCバイエルンは水曜夜の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦スポルティング・リスボンとの第1戦でルカ・トーニの復帰を期待することができる。昨季ブンデスリーガ得点王の同選手は日曜午前のチームトレーニングを回避。しかしながら、医療部門からの情報ではケガは回復傾向にあり、火曜日にポルトガル遠征に帯同することになる。

ユルゲン・クリンスマン監督が「(出場できると)確信している」とFCB.tvとのインタビューのなかでコメント。トーニは1.FCケルンにホームで1:2と敗れた一戦をアキレス腱炎症のために欠場し、スタンド観戦となっていた(写真)。その代わりに同選手は「とても激しいフィットネストレーニング」を消化したとクリンスマンは報告。

「昨日は明らかに彼の存在が欠けていることを目にすることになった。ルカは2人のマーカーを引きつけ、ミロ(クローゼ)が自由に動くことができる」とクリンスマン。カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「彼がスポルティング戦でプレーすることができると望んでいる」と説明した:「彼はこのような状況の中でわれわれに必要な選手。」

トーニのほかにルシオもスポルティング戦ではスタメン復帰してきそうだ。クリンスマンは「われわれは水曜日のためにルシオを温存したんだ」と報告。同監督はこのほかにも何人か入れ替えることを示唆した。