presented by
Menu
耐えて2得点

クローゼ、ゴールを決めることを信じる

カイザースラウテルン時代にはいつも対決していた – FWクローゼ vs. GKヴァイデンフェラー。アリアンツ・アレーナで6年半ほどチームメート同士だった2人の対決に再び火花が散ることになった。ヴァイデンフェラーは「ミロとの対決はとても楽しめた。いい友達関係でもあるんだ」と試合終了後にコメント。しかし歓喜をあげることができたのは彼の戦友だった: ミロスラフ・クローゼ。

この一戦、試合終了前までドルトムントGKはすでに勝者のようにみえた。彼はFCバイエルンストライカーの100%のチャンスをことごとく粉砕。ヘディングシュート(17.、70.)を止め、すばらしい反応で1対1の対決を制した(21.、27.、79.)。クローゼは最終的にピッチ上でほかの誰よりも多いシュート10本を放った – だがゴールになったのは最後の2本のシュートだった。

股間を抜くシュート

FCバイエルンFWは後半43分、ヴァイデンフェラーの股間を抜く勝ち越しゴールを決めて2:1、3分後には3:1となるダメ押し弾を決めた。今季初の2得点後、全宙を魅せ、彼の戦友のプレーを褒めた:「ローマンは彼がスーパーなキーパーということを示していた。」

ヴァイデンフェラーは「ミロは超一流のストライカー」と褒め返した。クローゼ自身は試合後、ただ「安心感」だけに浸ることになった。多くのチャンスを逃した後に彼は「できるだけ早く切り換えよう」と試みていた。「いつも自分のチャンスを信じている。いつかはそれが報われることになる。」ヘーネスはこう述べた:「諦めないことがゴールゲッター。」

ほぼ交代

ドルトムント戦の最後、彼はツキを得ることになった。フランツ・ベッケンバウアーは「彼が試合を決めるゴールを決めたことは嬉しいことだ。もしそうでなければ彼は確実に敗戦者扱いにされていた」とコメント。ユルゲン・クリンスマンは「ミロがこの一戦で彼の実力を示したこと」がただ単純に嬉しかった。