presented by
Menu
現役引退

サニョール引退、だが「心はここにある」

最後にウィリー・サニョールには笑みがあった。FCB.tvスタジオ内で彼はいくつかの映像を目にしていた。アリアンツ・アレーナで数人の敵をかわすシーン、脅威のアーリークロス、ゴールおよびゴール時のパフォーマンスなどが映しだされていた。もしかすると彼はもう一度、FCバイエルンファンの「ヴィリー」という声援を耳にしたかもしれない。アリアンツ・アレーナでこの声援が響くことはもうない。ウィリー・サニョールが月曜、彼のキャリアに終止符を打つことになった。

同31歳の右SBは「これで終わるんだ。痛みのためにサッカーをすることがもうできないんだ。これを受入れなければならない」とコメント。慢性のアキレス腱痛が彼にこの決断を迫らせた。「悲しくて、(引退は)重いものだ。いつもほかの終わり方を夢見ていた。」「もう数年」プレーしたかったとも続けた。

悲哀ヘーネス

しかしそれはもう不可能である。ヨーロッパ全土の医者を訪ねる長い苦難の道のり後、夏に故障して手術を受けたサニョールはこれを理解しなければならない。「この数週間の間に全てを試みた。だが医者は、これ以上は無理だという意見だった。」歩くだけでも痛みがある。サニョールは就業不能の手続きをすることになる。