presented by
Menu
最後の詳細明らかに

ティモシュチュク、7月からミュンヘンへ

移籍合意はすでに公表されていた。「ティモシュチュクは来ることになる」とカール=ハインツ・ルンメニゲがすでに2週間前のfcbayern.deとのインタビューの中で明らかにしていた。アナトリー・ティモシュチュクのゼニト・ペータースブルクでの契約は2月28日までとなっている、彼のFCバイエルンとの新契約は2009年7月1日からである。この間の期間、ウクライナ人はどうなるのだろうか。

この質問が解決されることになった。ティモシュチュクは6月中旬までゼニト・サンクトペータースブルクに残ることになる。ルンメニゲが「これについてサンクトペータースブルクの会長および監督と合意に達した」とfcbayern.deにコメント。ティモシュチュクは6月中旬までゼニトでトレーニングおよびゲームをすることになる、数週間の休暇後に彼は7月からミュンヘンでチームとともにFCバイエルンで新シーズンに向けて準備をすることになる。

これにより同MFは今シーズン、ゼニトとともにUEFAカップで連覇をするチャンスがある。ロシアリーグは3月14日から新シーズンがスタートする。ティモシュチュクはイヴィチャ・オリッチ(ハンブルク)とアレクサンダー・バウムヨハン(メンヒェングラッドバッハ)に続いて来季の新入団選手3人目となった。